確かな技術で、最先端のがん免疫治療を提供
Cancer’s immunocell therapy

免疫細胞BAK療法
Biological response modifiers Activated Killer

CTC検査(血中循環腫瘍細胞検査)
Circulating Tumor Cell

がん免疫治療技術

確かな技術で、最先端のがん免疫治療を提供しています。

免疫細胞BAK療法

NK・γδT・CTL細胞を100億個まで増殖。多彩なアプローチでがん細胞を攻撃!

CTC検査

Microfluidic Chip法の採用により、検査精度が飛躍的に向上しました。

確固たる技術と、業界ニーズに対応する新機軸への取り組み

icon12

多種のがん免疫細胞療法に対応

icon4

肌再生治療-線維芽細胞培養の研究

icon19

がんの早期発見へ。CTC検査の普及

免疫細胞治療の新しいかたち。多彩なアプローチでがんを攻撃!

患者さんの病態にあわせた、お一人おひとりへのテーラーメイド治療の提供を目指し、多様な免疫細胞療法の治療技術開発を行っています。

免疫細胞療法とは

がん治療の免疫療法に使用する免疫細胞は、大別すると自然免疫細胞(NKT細胞、NK細胞、樹状細胞、マクロファージ)と獲得免疫細胞(B細胞、γδT細胞、ヘルパーT細胞、キラーT細胞等)になります。免疫システムは、標的となる「がん細胞」に非特異的に働く自然免疫系と、特異的に働く獲得免疫系に大別されます。がん細胞が発生すると、最初に自然免疫細胞が攻撃して根絶します。何らかの理由で自然免疫細胞から逃れたがん細胞は、獲得免疫が攻撃してがん細胞を根絶します。しかし、がんは巧妙に免疫システムを逃れて「がん」を発症させます。免疫療法は、がんの絶妙な防衛機構を破る第四の「がん治療」です。

自然免疫細胞療法(γδT細胞、NK細胞)

自然免疫細胞は、生まれた時から存在する免疫システムです。異物を最初に排除する細胞です。自己と非自己(自分以外のものの抗原:antigen)を見極めて非自己を排除する機構で、非自己は全て排除します。
がん細胞は、がん抗原提示を変化させて、獲得免疫細胞からの攻撃を逃れますが、自己を認識している事で、単純に非自己であるがん細胞を異物である「非特異的」と認識し攻撃、排除します。

獲得免疫細胞療法(ヘルパーT細胞、キラーT細胞)

獲得免疫細胞は、自然免疫細胞が死滅させた「がん」の抗原(目印)を獲得した樹状細胞等から情報を得「がん」を攻撃する細胞です。がん情報(目印)が合致した「がん細胞」のみを攻撃するので、目標をはっきり認識して「特異的」に攻撃できる為に高い治療効果が期待できます。従来の樹状細胞療法は、WT1等の合成ペプチドを目印にしてキラーT細胞に攻撃させることが不可能になる欠点がありました。
がん細胞は、増殖するにつれてWT1等の目印を隠してしまい、攻撃目標を見失うからです。WT1等の合成ペプチドのわずかな種類のがん抗原ペプチドで、がん抗原の全部の代りにさせようとしてもとても無理なのです。その為に、自己のがん細胞を利用して治療する最新の樹状細胞療法が開発されました。がん細胞の持つ全ての目印を認識させる新技術です。
しかし、最新の樹状細胞療法にも最大の欠点がありました。がん細胞のがん抗原は、白血球抗原のMHCクラスI(HLA-1)上に発現する為に、MHCクラスIが発現しなくなったがん細胞は攻撃できません。MHCクラスI(HLA-1)とがん抗原を同時に認識しなければ獲得免疫細胞(キラーT細胞)はがん細胞を攻撃できません。呼吸器や消化器癌の30%~40%がMHCクラスIの発現がきわめて減弱しているか、まったく発現がなくなっています。

MHCとは、細胞膜にある表面抗原です。正常細胞でMHCクラスIが発現しています。細胞障害性Tリンパ球(キラーT細胞)は、正常に発現するMHCクラスIと抗原を同時に認識します。しかし、MHCクラスIが正常でも、がん細胞抗原がMHC上にあると非白己と見なして攻撃します。正常細胞ではMHCクラスI分子が発現しているため、自然免疫細胞の標的とはなりません。しかし、がん細胞ではMHCクラスI分子が減少または消失しているため、自然免疫細胞はがん細胞に対して攻撃します。

BAK療法実施医療機関

BAK療法実施医療機関一覧
  1. 北海道・東北のBAK療法実施医療機関

    北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の医療機関

  2. 関東のBAK療法実施医療機関

    茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の医療機関

  3. 中部のBAK療法実施医療機関

    新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知の医療機関

  4. 近畿のBAK療法実施医療機関

    三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の医療機関

  5. 中国・四国のBAK療法実施医療機関

    鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知の医療機関

  6. 九州・沖縄のBAK療法実施医療機関

    福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の医療機関