免疫細胞療法

免疫細胞BAK療法 NK細胞療法 ハイパーDC療法 ハイパーγδT細胞療法
免疫細胞BAK療法は、NK・γδT細胞(CD56陽性)の力を利用し、様々なアプローチでがん細胞を攻撃させる治療法です。自己の免疫細胞を約100億個まで増殖し、特許技術により強力活性化します。 自然免疫細胞のNK細胞は、正常細胞である自己を認識し、それ以外を(がん細胞)非自己として攻撃する細胞です。独自の培養技術で、NK細胞の培養数は60億~70億個を確保しました。 がん抗原のタンパク質(がんマーカー)の全て(100以上)をがんの目印として樹状細胞に取得させ、キラーT細胞にがん細胞を攻撃させる技術です。 γδT細胞は、NK細胞やαβT細胞よりも高い能力を持っていて培養技術で多数増殖できれば免疫療法として大きく役立つことが期待されています。
現在研究開発中の技術です。
詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る
免疫細胞BAK療法 免疫細胞BAK療法は、NK・γδT細胞(CD56陽性)の力を利用し、様々なアプローチでがん細胞を攻撃させる治療法です。自己の免疫細胞を約100億個まで増殖し、特許技術により強力活性化します。 詳しく見る
NK細胞療法 自然免疫細胞のNK細胞は、正常細胞である自己を認識し、それ以外を(がん細胞)非自己として攻撃する細胞です。独自の培養技術で、NK細胞の培養数は60億~70億個を確保しました。 詳しく見る
ハイパーDC療法 がん抗原のタンパク質(がんマーカー)の全て(100以上)をがんの目印として樹状細胞に取得させ、キラーT細胞にがん細胞を攻撃させる技術です。 詳しく見る
ハイパーγδT細胞療法 γδT細胞は、NK細胞やαβT細胞よりも高い能力を持っていて培養技術で多数増殖できれば免疫療法として大きく役立つことが期待されています。 現在研究開発中の技術です。 詳しく見る

線維芽細胞療法(美肌・皺療法)

現在研究開発中の技術です。

肌細胞治療(しわ)に使用する自己の線維芽細胞です。線維芽細胞は、皺(しわ)の治療に最適な細胞と言われており、一回の皮膚採取で5回~20回分位の肌細胞治療の線維芽細胞が培養できます。冷凍保存で保管して、数年後のしわの一部分のメンテナンスに使用します。

詳しく見る